スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 14 爪牙の章

水滸伝 14 爪牙の章 北方謙三著;集英社文庫
水滸伝 14 (14) 爪牙の章  (集英社文庫 き 3-57) (集英社文庫 き 3-57)

11月28日読了。

今月は、つくばマラソン直前は体力温存のため(?)読まなかったので、水滸伝を読みおわるのが遅くなってしまいました。

とうとう14巻まで来ました。
前半は、嵐の前の静けさか、官軍・梁山泊軍ともに体制を整えている時期です。梁山泊内のちょっとした恋愛模様が描かれたり、史進が赤っ恥をかく出来事が描かれたりと、穏やかに物語が進みます。激しい戦の中でも、人としての営みがあり、欲望もある。みんな、死と隣り合わせの生を生きているからこそ、まっすぐに、悔いの無いよう生き尽くそうとしている様は、微笑ましくも切ないです。

そして、後半はついに官軍20万の総攻撃が始まります。
必死で防戦する梁山泊軍。二竜山、双頭山、流花塞、そして梁山泊本隊が、それぞれギリギリの戦を繰り広げながら、何とかしのぎ続けます。しかし圧倒的な兵力差の前に、次第に追い詰められていき、、、
この巻でも、好漢がひとりまたひとり、命を落とします。自分の死に場所をここと決めたら、そこを死守するために、残る生を燃やし尽くす。まさに燃えるような生き様・死に様に、読んでいて心が熱く滾ります。

あぁ、いったいどうなっていくのか。梁山泊に打つ手は残されているのか。続きが気になる~~!
次の間の発売が、本当に待ち遠しくてたまりません。

しかし、気付くと残りは5巻。嗚呼、早く最後まで読みたい!でもいつまでも読み終わりたくない・・・ジレンマです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。