スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること 村上春樹著;文藝春秋社
走ることについて語るときに僕の語ること

10月29日読了。

いい本読みました~!

村上春樹は、僕の敬愛する作家です。新刊本(特に小説)が出るのを心待ちにしていて、発行されると文庫になるのを待てずにためらうことなくハードカヴァで買ってしまいます。僕にとってそういう作家は今のところ村上春樹くらいなのです。
特に『ねじまき鳥クロニクル』は僕が本当に大好きな本で、極私的オールタイムベストの第2位に輝いています。
(ちなみに僕のオールタイムベスト1は遠藤周作『深い河』です。これはホントに凄い本だと思います。この本の話はいつか別の機会に。)

さて、この本は題名だけで村上春樹ファンなら(あるいはレイモンド・カーヴァーのファンなら)ニンマリしてしまうと思います。彼は前から、走ることについていつか書きたいと公言していたので、ついに出たな~、しかもタイトルはこう来たか!と思いました。
この本の中で、村上春樹にとって走ることとはどういうことなのか、小説を書くということはどういうことなのか、そして生きることとは、老いることとは、、、そういう非常に内面的な思索を、淡々と、素直に、綴っています。
文章はいつもの春樹調で、いわば昔の小説によく登場していた『僕』がこの本の中では村上春樹自身である感じで、小説のようなエッセイのようなメモワールです。

僕はすごく素敵なタイミングでこの本に出会ったと思います。
なぜなら村上春樹は本格的に職業作家になろうと決心したのが33歳で、それと同時に、走り始めたのも33歳なのだそうです。
実は僕も今33歳で、今年ふと思い立って走り始め、1ヶ月後には初めてのフル・マラソンに挑戦する予定。なんて嬉しい偶然だろう!
33歳というのは村上春樹に言わせると、イエスキリストが死んだ歳であり、スコット・フィッツジェラルドがその頃から凋落を始めた歳なのだそうです。そして村上春樹がプロの作家になろうと決めた歳。
僕は死なないし凋落もしないが、逆に変革もないし何かを達成してもいない。でも村上春樹と同じ歳に走り始めたという偶然だけで、ちょっと良い33歳かなぁという気持ちがします。

というわけで、僕も村上春樹のように、年に何回かフルマラソンを走りつつ、何十年も走り続けられたらいいなぁと思いました。空の雲を見上げながら、自分の内側に目を向けながら。そして振り返って、『少なくとも最後まで歩かなかった』と、言えたらいいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

ちょっと影響されちゃいそうです。

影響されちゃってください!
まずは朝早く起きて走ることから始めるか、この本を読むことから始めるか・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。