スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 9 嵐翠の章

水滸伝 9 嵐翠の章 北方謙三著;集英社文庫
水滸伝 9 (9)

7月2日読了。

毎月楽しみにしている水滸伝。6月も20日頃になって、そろそろ出るかな~とソワソワしてても一向に出ないので、よくよく確認すると、6月だけなぜか月末の28日発売でした。。。
いや~待った待った。

待った甲斐があり、この巻も最高に楽しかった!
前巻で、祝家荘の戦という大々的な戦にギリギリながら梁山泊が勝利して、この巻はまた次に向けての態勢の立て直し。
かと思いきや、それだけじゃ終わらない、熱い物語が語られます。

大きくは、妻を救出するため敵の懐に飛び込んだ林沖の話と、梁山泊が新たな塞を築きつつ体制を整える話と、そして塩の道をめぐる駆け引きと戦。
特に塩の道で蓄えた財をめぐる攻防戦は心を熱くします。
塩の道を締める重要人物を救うために、また新たな若者が己の生きる道に目覚めたり、あるいは自分の死に場所を定める。またもや熱いオトコが命を落とします。。。不覚にも涙を禁じえない。。。

さて9巻が終わり、ようやく折り返し点、次が10巻です!
長い!長くて嬉しい!!なんせ全19巻ですから。
こんなに長い物語を読むのは、山岡荘八の「徳川家康」全26巻を読んで以来です。(この「徳川家康」も、ものすごく面白いですよ)

次巻をまた楽しみに待ちましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。