スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13階段

13階段 高野和明著;講談社文庫
13階段

1月14日読了。

ブックオフで買ってきた本です。
僕はブックオフがとても好きで、特にうちの近くのブックオフは文庫本コーナーが非常に充実していて、文庫100円コーナーも数多く、お気に入りです。
特に正月なんかは、いつもは定価の半額の文庫コーナーも200円とか250円均一のセールをしているので、つい大人買いをしてしまう。今年も10数冊まとめ買い、千数百円でした。
そんな中の一冊です。

乱歩賞の中でもすごくクオリティが高いという評判どおり、すっかりのめりこんで読みました。最後のどんでん返しも、ちょっと無理があるような・・・と思いながらも、「そうきたかぁ!」と素直に思いました。
ぐいぐい読ませるので長いと感じなかった。

ただ、扱っているテーマはすごく重い内容です。人が人を許すことはできないのだろうか。
人が、他人を憎み続けるのも、許すのも、どちらにしてもすごくエネルギーを使うことだと思います。特に、人を許すということは、中途半端にここまでは許すけどここからは許さない、ということがありえない。だからこそ、人を許すというのは難しいし、すごく大きな行為だと思います。
この物語の中には、憎しみの気持ちや許しを求める気持ち、許したいという気持ち・・・そういう強い感情を心に抱えている人物がいっぱいいるのに、そういう内面にぐぐっと感情移入するようなところまでは行かなかった。それだけが少し残念でしたが。

ともあれ、読んで損はありません。未読の方はぜひ。
スポンサーサイト

コメント

私も乱歩賞の中では一番好きな作品です!
裁判や死刑制度の知らなかった部分も見えて
かなり衝撃を受けた作品でした。
乱歩賞では「天使のナイフ」もオススメ☆
ブックオフで見かけたら是非ぜひ手にとってみて下さい(^^)
同じくブックオフ愛好者より

おぉ、「13階段」も読んでいましたか!
乱歩賞もいっぱい読んでるの?
守備範囲広いよねぇ~。すばらしいことです。
「天使のナイフ」、気になっていました。
今度ブックオフで見かけたら買おう。

待機本いっぱいあるのに、本屋にいったりブックオフに行ったらついついまた買ってしまいます。。。
本は、買ってから家に持って帰って読むまでのワクワク感もいいよねぇ。

僕もブックオフで買いました。とても面白かったので読了翌日には友人に差し上げました。重いテーマではありますが、随所にちりばめられた少年に対する愛。しかし一方では人が人を裁くことへの苦悩や犯罪者への増悪。僕だったら・・・と考えさせられました。

おぉ。ブックオフ仲間ですね(笑)
この本は、u46さんの書いているとおり、重いテーマで、考えさせられる本でしたよね。読んでだいぶ経つので、細かな内容は忘れてしまっているけど、読んでいるときに感じていた感触のようなものは印象に残っています。

・・・しかし頂いたコメントを読んでいると、u46さんには僕と同じ匂いを感じますねぇ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。