スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深追い

深追い 横山秀夫著;新潮文庫
深追い

5月4日読了。

横山秀夫の文庫最新刊です。
得意の、警察勤務だけど刑事じゃない人たち(どちらかというと地味な役回りをこなしている人たち)が主役で、それなりの緊迫感を持って出来事が展開し、ドキドキさせながら最後は人情的あるいは哀切な感じの結果に収束するというパターン。

得意分野だからもちろん読ませますけど、ちょっと横山秀夫のこの種の短編には飽きてきたかな~という感じはあります。
個人的には、そろそろバリバリの強行班刑事が主人公の短編集が読みたいかな。「第三の時効」みたいな。(もうハードカバーで出ているのかしら)

あと、やっぱり警察には正義の味方でいてほしいので、例えばこの本の中だと「仕返し」という編のように性根が悪い警察が出てくるのは、いい気分がしないですね。
この本のなかでは、最後の短編の「人ごと」が僕としては一番よかった。心が温かくなるような印象です。

ということで、僕としては横山秀夫の中では、とりたてて好きと言うような作品集ではなかったですけど、やはり短編の上手な人なので、分量に対する中身の濃さというか、面白さは否定しません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。