スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃばけ

しゃばけ 畠中恵著;新潮文庫
しゃばけ

4月22日読了。

「しゃばけ」という題名の語感に惹かれたのと、書店のポップでずいぶんお勧めされていたのと、もともと時代物も妖怪物も好きということで、読んでみました。

江戸時代の廻船問屋が舞台で、虚弱体質の若だんなが、家族同然の妖怪たちとともに事件解決に乗り出す、というあらすじ。

読んだ感想は、まぁそれなりに、話は面白いんだけど、、、
そんなに登場人物が(妖怪も含めて)魅力的という感じでもなく、感情移入できたわけでもなく、、、
僕にはあまり合わなかったかなという感じです。

同じ江戸の時代物だったら、宮部みゆきの作品群がすごく好きです。
初期の「幻色江戸ごよみ」とかから、最近では「ぼんくら」とか。
それに比べちゃうと、やっぱりちょっと弱いかなぁという印象でした。

この「しゃばけ」を初めとしてシリーズが続くみたいなんだけど、僕はこの1冊読んだから、とりあえずもういいかなと思います。
スポンサーサイト

コメント

この本の感想、とっても同感です!
私は続きの「ぬしさまへ」と「ねこのばば」も読んだけど
「しゃばけ」と特に変わらない内容で
もうホントにこの後はいいや、って思いました(苦笑)
ただ表紙&挿絵はけっこう好きな絵で和みました(^^)

そうだよねぇ。
なんか、一太郎は今ひとつ魅力的じゃないし、佐助と仁吉もいまいちキャラクターとしての押しが弱いというか・・・萌えるものがない。

表紙の絵は僕も結構好きで、特に小鬼(鳴屋っていうんだっけ?)が可愛くていいね。
こんな小鬼なら何匹か飼ってもいい。
そういう意味では、物語の中でも、この小鬼たちはキャラ立ちしていたなぁ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。