スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の森の満開の下 ~過去本その3

つくばも桜の花が咲き始めました。春です。
僕は家から会社まで、片道30分くらい歩いて通勤しているのですが、この時期は、ずーっと桜やコブシ(ハクモクレンかな)の花が咲き乱れる下を歩いていくような感じで、本当に気持ちよいです。
他にも名前は知らないけど、あざやかな黄色い花や小さな白い花がいっぱい咲いているし、街路樹には小さなキツツキ(コゲラかな)が良い音を立てているし、豊かな自然に感謝したくなります。
そういえばこないだ近くの農協直売所で山うどを買って味噌汁にしたら、苦味があっておいしかったし。春ですねぇ。

というわけで、桜の下を歩いていると思い出す一作。

桜の森の満開の下 坂口安吾著;講談社文芸文庫
桜の森の満開の下

これは凄いです。不気味で恐ろしくて、でも静謐な感じで。
桜ってすごくきれいなだけに、昔から畏れを持って見られていたんでしょうね。
ジャンルとしては時代物になるのか。。。ホント、酔ってしまいそうな濃密な文章で、背筋が寒くなるような雰囲気で、、、

『桜の森の満開の下の秘密は誰にも今も分りません。あるいは「孤独」というものであったかも知れません。なぜなら、男はもはや孤独を怖れる必要がなかったのです。彼自らが孤独自体でありました。
 彼は始めて四方を見廻しました。頭上に花がありました。その下にひっそりと無限の虚空がみちていました。ひそひそと花が降ります。それだけのことです。外には何の秘密もないのでした。』

ゾクゾクするような文章じゃありませんか?

坂口安吾は、「堕落論」なんかは読んだ人多いだろうけど、小説は意外と読まれてないんじゃないかな。小説こそ素晴らしいです。
文芸文庫に入っている安吾の小説は、ホント一読の価値あります。
まさに巨人です。

桜に関しては、梶井基次郎「桜の樹の下には」もいいですね。

『桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。』

なんで桜ってこう想像力をかきたてるんでしょうね!
大騒ぎでお花見しながら、ふと不安な気持ちになったり。
まったく不思議で、魅力的な花です。

ともかく。坂口安吾。桜の森の満開の下。
満開の桜の下で読んでみては!?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。