スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 5 玄武の章

水滸伝 5 玄武の章 北方謙三著;集英社文庫
水滸伝 5 (5)

3月8日読了。

お楽しみの水滸伝、5巻目です。

この巻にきて、物語は一気に緊迫度を増し、それにつれて文章もますます熱く熱くなっていきます。
特に、楊志と闇の軍の戦シーンの壮絶さときたら!興奮せずにはいられない。

本巻の後半で特に活躍する3人の生き様は、圧巻でした。
僕は3回泣きそうになった。なんでこんなに小説の中の男たちに肩入れして感情移入しちゃうんだろう。それだけすごいんです!すごい小説を、今読んでいるんだなぁという幸福感があります。

しかし、この北方謙三の水滸伝を読んでいると、毎回、身が引き締まるような気がします。志とは何ぞや。。。男の生き様はどうあるべきか。。。
まぁ、今この現代の日本に生きる僕が、楊志や石秀なんかと比べようもないのですが。
腐った役人の国をひっくり返そうとか、民のための国を作ろうとか、そういう志は持てないにしても、常にお天道様に恥じないよう堂々と前を向いて生きていきたいものです。

・・・何を言いたいのか自分でもわからなくなってきたが、、、
とにかくこの本は、必読です!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。