スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイルド44

チャイルド44 トム・ロブ・スミス著;新潮文庫
チャイルド44 上巻 (新潮文庫) チャイルド44 下巻 (新潮文庫)

昨年、かなり評価の高かったミステリです。
「このミス」の海外作品部門1位だとか。
うわさに違わず、とても面白くドキドキしながら読みました。

旧ソビエト連邦の、スターリン体制下の時代が舞台。
主人公の、国家保安省の捜査官が、偏執的な同僚の追い落としにあいながら、全土で頻発する子供を標的とした殺人事件の真相に迫っていきます。
国家こそ正義でありすべてであった彼自身の心は次第に変化していき、妻との関係も取り戻しながら、彼を抹殺しようとする追っ手をかわしつつ行き着いた先は・・・
というような内容です。
面白いサスペンス・スリラー映画を見ているかのような、手に汗握る展開で、ページを繰る手を止めることができません。
最後に明らかになった、犯人の動機には、ちょっとうなずけない感じで残念なのですが、それを差っぴいてもおつりが来るくらい、楽しませてもらいました。

ただ。
そこまで大絶賛されるほどの本だろうか?
ここから先は完全に個人の感じ方の差になっちゃうのですが、僕的には、『羊たちの沈黙』や『ミザリー』の方がドキドキしたし恐かった。それらに較べちゃうと、うーん。旧ソビエトの国家保安省という舞台仕立てが、僕にとってはあまり馴染まなかったのか。
さらに言うと、それまで国家が唯一絶対の忠誠対象であるという主人公の世界観が完全に覆されていくのであるから、その過程において、もっと哀しく切なく、呆然とする思いが主人公にあると思うのですが、そのような喪失感みたいなものはあまり感じられなかった。そこが少し物足りない感じです。

とは言え面白さは折り紙付きですので、ぜひどうぞ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。