スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の守り人

夢の守り人 上橋菜穂子著;新潮文庫
夢の守り人 (新潮文庫)

あー面白かった。
やはり上橋菜穂子の『守り人』シリーズは上質です。
読んでてすごく面白いし、ファンタジーらしい非現実世界を描いていながらほとんど違和感なく読み進められます。登場人物に感情移入もしちゃいます。

今回は、主に大呪術師トロガイと、その弟子タンダを軸としたお話です。
叶えられない夢や望みに絶望し、今の人生を投げ出したいという気持ちを持つ人々の魂を絡めとってしまう異世界の『花』から人々を救い出そうとするタンダ。もちろんバルサやチャグム、星読み博士のシュガ、その他『精霊の守り人』から出ている登場人物たちももちろん出てきます。
やはりバルサのキャラクターがとても良い。タンダやチャグムに対する気持ちが時に暖かく時に切なく、大変細やかに書かれています。
前作の『闇の守り人』とはまた違った雰囲気で楽しめます。
眠りのときに見る夢と、人々が今の人生で叶えられていない願いや望みを、同じ『夢』という言葉で表現しているのは、考えてみると確かに不思議で面白いですよね。
古来、人々はそのふたつに共通の思いをはせてきたのでしょう。

さて、しばらく以前、NHKで土曜の朝9時から、『精霊の守り人』をアニメでやっていましたよね。娘と一緒に大変面白く見ました。そのアニメのバルサが、僕的には原作のバルサとイメージが非常によく合っており、とても気に入っていたので、それ以来ますますこの『守り人』シリーズに愛着がわいています。
アニメといえば、先月から、上橋菜穂子の『獣の奏者』がNHKで始まりましたね。こちらも娘と一緒に見ています。娘は「エリンはちょっとむずかしいねぇ」と、よく理解できないようですが。
僕は原作の『獣の奏者』を早く読みたいので、文庫にならないかな~と思いつつ、先にテレビのアニメをどんどん見ちゃおうか自重しようか、迷っているところです。
どうせなら『守り人』シリーズの第2作以降もアニメになってほしいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。