スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志(11の巻) 鬼宿の星

三国志(11の巻) 鬼宿の星 北方謙三著;ハルキ文庫(時代小説文庫)
三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (時代小説文庫)

11巻になりました。

いよいよ孫権討伐の機は熟し、呉に向けて復讐の進軍をする蜀の劉備軍。
するべきではない戦と感じながらも、劉備の男気の部分を止めようとはせず、逆にこの戦を乾坤一擲の戦略の中に位置づけた孔明。
破竹の進撃をするも、あと一歩のところで陸遜の策に嵌り、蜀は大敗北を喫してしまう。
この蜀と呉の戦から、失意の中で劉備が死を迎えるまでの、大変重苦しい巻でした。

劉備の死に涙するも、呉の陸遜には素直に天晴れと思いました。
老雄は少しずつ喪われていき、若い将軍たちの時代に移り変わりつつあります。
今後、遺された志を背負う孔明を中心として蜀はどうなっていくのか。
三国の関係はどうなっていくのか。
クライマックスに向けて、いや英雄たちの滅びに向かって、物語はさらに加速していきそうです。

「どうなっていくのか」なんて、いちおうこの後の筋も当然知っているんだけど、
この北方三国志は、まるで初めて三国志を読むような新鮮な気持ちで読んでいます。
あと2巻かぁ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。