スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える人 2008年春号

考える人 2008年春号 新潮社
考える人 2008年 05月号 [雑誌]

特集があまりに魅力的だったので、買っちゃいました。
『海外の長編小説ベスト100』
単に100冊並べただけでなく、色々な角度から、色々な観点で、色々な人が、海外長編小説の魅力と愛を語っています。読み物としても面白い!

やはり、上位は『百年の孤独』、『失われた時を求めて』、『カラマーゾフの兄弟』、・・・
予想どおりだなぁ、と思いつつ、ため息をひとつ。
そう、実は僕は『百年の孤独』と『失われた時を求めて』は、未だ読み通せていないのです。。
どちらも、学生時代から何度か挑戦しているのですが、いずれも途中で挫折しているのです。
あぁ、また挑戦したくなってきた。読みたくなってきました!
これらの本を読破したときに、自分がひとつ別のステージに達するのだろうな、という予感があります。
そういう本は確かにあるんじゃないかと思っていて、僕にとっては高校時代に『罪と罰』(ドストエフスキー)を読んだとき、あるいは『ねじまき鳥クロニクル』(村上春樹)を読んだとき、『カラマーゾフの兄弟』を何度目かの挑戦でついに読了したとき、学生時代に『人間の運命』(芹沢光治良)を読んだとき、そして僕のオールタイムベスト1である『深い河』(遠藤周作)を読んだとき・・・
具体的に何がどうということはうまく言えないのですが、その本を読んだことによって、自分が、その本を読む前とは(ほんの少しだけ)違う自分になったような気がした。そういう体験。
それが、『百年の孤独』や『失われた時を求めて』を読んだ暁には必ず待っているんだろうな~と予感しているのですが、、、壁は厚い。
でもそれがこの先の人生に残っているってのが、素晴らしくワクワクするではないですか。
ベスト100のうち、僕が読了している作品は、わずか26作でした。
ってことは、あと74回は優れた海外長編小説を読破する愉悦が待っているということで。ふふふ。楽しみです。

しかし、僕はそれなりに海外文学も読んでいるつもりでいて、「海外文学のコアな読者は三千人くらいしかいない」という「コアな読者」までは行かなくても、その予備軍(五千人くらい?)には入っているつもりでいましたが・・・改めてこうしてみると未読だらけ、まだまだでした。

話は変わりますがいよいよ今週末、20日はかすみがうらマラソンです。今シーズン最後のフルマラソン、もちろんタイムが早いに越したことはありませんが、、、爽やかな春の陽気のなか、気持ちよく走破できたらいいなと思っています。
出場するみなさん、がんばりましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。