スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yom yom vol.6 (2008年3月号)

yom yom vol.6 (2008年3月号) 新潮社
yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]

3月30日読了。

今回は、小野不由美さんの『十二国記』の新作が掲載される、ということで思いっきり評判になっていましたね。
実は僕は『十二国記』はまだまったく読んだことがありませんでした。
日本のファンタジーの最高峰という評判なのは知っているのですが、手が出なかった。
なぜかというと、実は小野不由美さんのホラーの傑作 『屍鬼』を、今までに何度か読もうとしたのですが、いつも1巻かせいぜい2巻の途中で挫折してしまっています。不思議なことに。
で、「あ~やはり面白い面白くないとは別に、文体が合う合わないというのはあるんだなぁ」と思って、この作家の文章は僕には合わないのだと思っていました。

で、今回yomyomで読んでみたわけなんですけど・・・あれ?って感じで。いいですね。わりといい。すんなり読めましたし、面白かった。職人の悩みと葛藤みたいなものの心理描写がよかったです。
これはいいかも。。。というわけで、ブックオフに『十二国記』シリーズの最初の方を買いに走りました。読んでみよっと。

あとは、森見登美彦『或る失恋の記録』。相変わらずな、しょうもなさがいいです。変に格好つけたり美化せず、しょうもないものは最後までしょうもないという、学生生活の現実的な面をシビアに描いています。ファンタジーと括られているけど・・・

それから、イーユン・リー『獄』。これは発見ですね。ものすごくよかった。すごく生々しい人間の感情をあらわに描いていますが、物語のスケールは大きい。人間の感情ってやっぱり万国共通なんだなぁと思ったり。
このイーユン・リーさんは新潮クレストブックでもう2冊くらい出ているのかな。僕は新潮クレストブックのシリーズは死ぬまでに全部読もうと心に決めているので(なかなか進捗しませんが)楽しみです。

その他にも、いつもどおり重松清『にんじん』はツボを心得た語りだったし、恩田陸『青葉闇迷路』は独特な不思議さと切なさを持つ世界でよかったです。
オススメです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。