スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 17 朱雀の章

水滸伝 17 朱雀の章 北方謙三著;集英社文庫
水滸伝 17 (17) (集英社文庫 き 3-60) (集英社文庫 き 3-60)

2月28日読了。

風雲急を告げる17巻。
前巻は暗殺狙いの暗闘がメインだったが、今回は激しい軍と軍の闘いです。
ついに、官軍最強の将軍、童貫元帥が全力で梁山泊に攻め込みます。その強いこと強いこと!
まさに軍神と呼ぶにふさわしい強さです。ほとんど反則です。

双頭山に始まり、梁山泊本隊まで、童貫率いる軍に梁山泊軍は翻弄されつづけます。
本当に信じられないくらい多くの好漢が、昔から梁山泊を支え続けてきた男が、自らの命と引換えに童貫軍を食い止めますが、足止めするくらいが精一杯。
一度は偽の講和工作により停戦に持ち込んだものの、少ししか時を稼げず、再び童貫は梁山泊に襲い掛かります。今度は全軍で。
いったいどうしのぐんだ~?まさに絶体絶命です。
そんな中、梁山泊をその手で作り上げてきた男から、梁山泊の多くの漢たちの血と志と命を託されてきた楊令が、ついに梁山泊のすべてを受け継ぎます。命のバトンタッチです。
楊令が立つ日も近いか?

さぁ、あと残すはわずか2巻です。
完結するのが寂しい・・・でも早く読みたい。
しかし、既に1年半近く水滸伝を読んでいることになるが・・・飽きませんね。あっという間だ。
とても幸福な1年半を過ごさせてもらっているのだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。