スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の守り人

闇の守り人 上橋菜穂子著;新潮文庫
闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)

1月10日読了。

守り人シリーズ2作目です。
1作目の『精霊の守り人』は大変おもしろかったけど、その後2作目を読んでいないままに、ふと気がつくと書店には3作目の『夢の守り人』が文庫で出ていました。
おぉこれは早く読まなければ、と思って早速2作目の『闇の守り人』です。

この手のファンタジーは、物語の中の世界を、自分の中で構築するまでが僕としては大変で、それは物語世界の中の独特の単語であったり、登場人物の名前であったり、世界の成り立ちであったり、、、要は物語の中のコモンセンスが自分の中でもコモンセンスにならないと読み進め難いし、物語に没頭できない。
しかし、この『闇の守り人』は、すぐに物語の中に入っていけました。たぶん、『精霊の守り人』を読んでいたので下地はできあがっていたのでしょう。

そして、これは物凄くおもしろかった!
1作目の『精霊の守り人』よりも僕にとってはこっちの方がおもしろかったです。
主人公の女用心棒バルサが、自分の過去と向き合い、普段は蓋をしている自分の生の感情と向き合い、、、そして闇の守り人が何なのかわかったとき、うわぁっと感情の波が押し寄せます。深く静かに心を揺さぶられるような気持ちになります。

ホントに素晴らしい本です。子供向けのファンタジーじゃないです。大人向けです。いや大人も子どもも、みんな読んだ方が良い。
登場人物たちの心の動きもすごく繊細に描かれ、戦いのシーンの迫力もあり、ホントに深い、奥行きのある物語になっています。緻密でリアリティがある。

この『守り人』シリーズ、まだまだ続くので、これから読むのがとても楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。