スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水滸伝 15 折戟の章

水滸伝 15 折戟の章 北方謙三著;集英社文庫
水滸伝 15 折戟の章(集英社文庫 き 3-58) (集英社文庫 き 3-58)

12月23日読了。

けっこう前に読み終わっていたのですが、更新が遅くなりました。
年末なので仕事が忙しかったり、忘年会があったり、休みの日も大掃除や年賀状準備などバタバタしていたので、のんびりパソコンに向かう時間がとれず。
ようやく落ち着きました。いよいよ年の瀬ですね。

さて、水滸伝はとうとう15巻まで来ました。
読み始めてから15ヶ月ということになります。すごい。
で、この巻もしびれる展開です。
前巻に引き続き、官軍20万に激しく攻めたてられ続ける梁山泊軍。いずれかひとつの拠点が崩れたら、全体が陥落するであろうというギリギリの状態で耐え続けます。
そんな中、状況を打開するために宣賛が考え出した作戦は的中するのか・・・
またまたたくさんの好漢が、激しい戦いの中で自分を生ききって、あるいは守るもののために、命を落としていきます。それはあまりに美しく、あまりに切なく、そして哀しいです。
読んでいて心が震え、涙腺が刺激され続けます。
ホントに、息を止めて読み続けたような前半でした。

後半では、両軍とも体制を立て直しながら次の戦に向けてまた動き始めます。
官軍は、これまでほとんど名前しか出てこなかった、禁軍最強の将軍、童貫元帥が出てきました。候健の動きも気になります。
本当に早く続きが読みたい。でも読み終わりたくない。複雑な心持です。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。