スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの

どうも、長らくブログの更新を怠っていました。。。
長期出張がたびたび入ったり、何かとバタバタしており。
あっという間に7月ですね。
この間、読んだ本はたまる一方で。
これからまた、ぼちぼち感想を掲載して行きたいと思います。

ところで、7月6日に男の子が生まれました~
本好きの坊や→文学青年 に育てたいと思います。なんて。

スポンサーサイト

味噌の仕込み

週末はぽかぽか陽気でしたが、この時期恒例の、味噌の仕込みを行いました。
今年で3回目。毎年やってるので段々慣れて要領よくなってくるかと思いきや、やはり今年も右往左往しながらほぼ丸一日かけて、何とか仕込み終わりました。

大豆3kgに、米麹3kg、塩1.5kg。
これでほぼ1年分の味噌が仕込めます。
材料費は全部で4500円ほど。味噌1年分と思えばそれなりに安いか。
大豆は農協の直売所で地産のものが1kg300円で買えるので。

さて備忘的に、やり方をバーっと書き残しておきます。

①一晩、大豆をたっぷりの水につけておく。
②圧力鍋で15分加圧し、大豆をやわらかく茹でる。
③大豆をマッシャーなどで原型が無くなるまでつぶす。
④塩と米麹を混ぜておく。
⑤それにさらにつぶした大豆を加え、よく混ぜ合わせる。
⑥固すぎる場合は大豆の茹で汁を加えてのばす。
⑦こぶし大の味噌ダマにして空気を抜く。
⑧保存容器に叩きつけるように隙間無くつめていく。

以上。書いてしまうと簡単ですが、大量に仕込むならではのコツが必要だと思いました。

ということで来年への反映事項をメモしておきます。
・あらかじめ(水につける前に)大豆を1kgずつ3等分しておくこと。
 (1kgずつくらいしか1度に混ぜられないので)
・マッシャーを複数個用意しておくこと(人海戦術でつぶすべき)。
・大きいボウルを、つぶした味噌保存用に3個、麹等との混ぜ混ぜ用に1個、計
4個は必要。
・消毒用のホワイトリカーを用意し、徹底的に道具を消毒しながら使うこと。

というような反映は必要ですが、それでも良い味噌ができそうな予感がします。
今年の冬にはどんな美味しい手前味噌が食べられるか、楽しみです。
こういう季節の恒例行事っていいですよね。

魔法のピンク

突然ですが、『魔法のピンク』という歌を知っているでしょうか?
そう、知ってる人は知っている。NHK教育テレビの「おかあさんといっしょ」の今月の歌です。

作詞・作曲は、さだまさしさん。
そう僕はこのブログでも何度か触れてきましたが、小学校5~6年生の頃からかれこれ20年以上、息の長いさだまさしファンなのです。
で、ある朝娘と一緒に見てて、「お、さだまさしが作った歌じゃないか~!!」と驚きました。
そして聴いてみると、これがまた何ともさだまさしらしい、ステキな歌なのです。

まぁ、歌の内容は他愛もない、
魔法の呪文を唱えてみんな幸せのピンク色にしちゃおう~!
って歌なんだけど、いいですよー。
特に3番の歌詞が、愁眉です。以下のとおり。

----------------------------------------
魔法のじゅもんでしあわせいろに
なんでもピンクにそめちゃおう
ぱぺぴぺぽぺぴぺぱぷぺぽ ピンクのとうさん
ぱぺぴぺぽぺぴぺぱぷぺぽ ピンクのかあさん
つらいこと
かなしいこと
どんなこともうひょひょひょひょ
まほうのピンクにそめちゃおう
・・・・
まほうのじゅもんでみんなしあわせ
----------------------------------------

ね、いいでしょ~?
魔法の呪文で、つらいことも悲しいことも、全部ピンク色に、幸せ色にできたなら、そんなにステキなことはありません。
でも現実はそうも行かなくて、つらいことや悲しいことに負けそうになりながら、でも何とか負けずに、誰もが幸せ色に染まりたくて、じたばたと、泥臭く頑張っているのです。それでも必ずしも幸せ色に包まれるとは限らない。
だからこそ、この歌詞には、心からの願いが、切実な祈りが感じられる。すべての人を応援する優しい眼差しが感じられる。
僕は何回目かに聞いたときに、なんだかちょっと泣きそうになったくらいでした。

というわけですっかり気に入った僕は、毎朝この『魔法のピンク』を聞いたら娘と一緒に家を出て、娘の幼稚園まで『魔法のピンク』をふたりで歌いながら送っていき、そのまま幸せな気分で会社に行く毎日。

聴いてみたくなった人はぜひ、朝『おかあさんといっしょ』を見て見て。今月の歌なので、毎日やります。だいたい8時40分前後に聞けます。あと2週間しか流れないからね~。お聞き逃しなく。

ちりとてちん

NHKの朝ドラで『ちりとてちん』をやっていて、つい先週終わりましたよね。
なんだか、関東では歴代最低視聴率とかってニュースになっていますが・・・

僕的には、『ちりとてちん』、最高に面白かったです。
毎朝NHKをつけるのが楽しみだったくらいです。
今までの朝ドラで、『てるてる家族』とか『ファイト』とか、まぁまぁ好きだったのもありますが、今回の『ちりとてちん』は、録画してでもみたいくらいにはまっていました。今までで一番好きになった朝ドラです。貫地谷しほりさん、すごく良かったです。

いったいなんで視聴率が出なかったんだろう???
ホント僕は、会社行く前にギリギリ見てたんだけど、滂沱の涙を流しながら会社に行ったものでした。
特に草若師匠が高座に復活したときは、目の前が霞んで見えなくなるくらい涙したものでした。。。
というわけで、まぁ憤慨のあまりブログに載せてしまいました。やはり僕的には『ちりとてちん』最高でした。和久井映見の、母親役が特によかったですよね。
今週からは榮倉奈々主演で『瞳』が始まりましたね。見ようかなぁ・・・


桜の歌

3月も今日で終り。ぼちぼち桜も見ごろですね。
東京のほうでは既に満開だとか。僕の住むつくばはまだ5分~7分咲きといったところです。

200803301435001.jpg


毎年のことながら、桜っていいですよね~!
この時期になると何となく心うきうきしてきて、春を実感します。
桜は不思議なほどに、人の心を揺り動かす力がありますよね。あるいは心を酔わせる。狂わせる。何でもいいのですが、常ならぬ気持ちを起させると思います。
それは、たぶんあの視界を埋め尽くすくらいの圧倒的な数の花びらで、目の前が桜色一色に染まるような凄まじさ。そしてそれをほんの一瞬で咲き尽くして次の瞬間には一斉に散り急ぐ、この切なさ。それゆえに一層際立つ美しさ。
そういうものに因るんだろうなぁ、と、桜の下をジョギングしながら考えました。
つくばの僕のジョギングコースも桜並木がすごく綺麗なんです。家から2kmくらい行ったところから「公園通り」という遊歩道に入るのですが、そこが断続的に桜のトンネルが続くような感じです。
赤塚公園~洞峰公園~二の宮公園~竹園公園~大清水公園~中央公園~松見公園と、大きな公園を結んで、筑波大学に到達する、この「公園通り」。夏の緑も、秋の紅葉も佳いのですが、やっぱり桜の花の下を走る気持ちよさといったら!最高です。
桜の下で酒を飲むだけじゃなく、桜の下を走ったり歩いたりして物思うのもいいものですよ。

さて、この時期になると巷では桜ソングがたくさん流れて、森山直太朗の桜なんかは僕けっこう好きなんですけど、やはり桜に似合うのは古の歌人の詠む和歌なのではないか、と。学生の頃に聞いたような歌以外にも、調べてみると素敵なのがいっぱいありますよね。
といいつつ僕もちゃんと理解できているのか、定かではありませんが。他の花を詠んだものにまして情感が込められているような気がします。

 桜花 今ぞ盛りと人は言へど われはさぶしも きみとしあらねば
 桜花 ぬしを忘れぬものならば 吹き込む風に 言伝てはせよ
 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし
 久方の 光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ
 願わくは 花の下にて春死なむ その如月の望月のころ

あけましておめでとうございます

2008年になりました。
昨年このブログを見てくださっていた方々にはどうもありがとうございました。
本年もよろしくお願いします。

昨年は、数えてみると83冊の本を読んだようです。
4~5日に1冊。平均すると2週間で3冊というくらいのペースです。
多くはないけど少なくもない。それだけの本を読めたというだけで、幸せな1年だったのだと思います。

さて、今年は100冊の本を読むのを目標に、がんばります。

あとは、ベランダ菜園での野菜作りと、早朝ジョギングにマラソン。子どもと公園でかけまわる。

そのようなことを柱に、今年も安らかに穏やかに、たくさんの笑顔とともに1年を過ごせたらと思います。

キャンプ入隊記

読書とも、菜園とも関係ない話ですが・・・

巷で評判の、あのキャンプに入隊しました!そう。ビリー隊長のブートキャンプです。
それで、本日7日目ということで、7日間集中プログラムの最終日、完了しました!
いや~、よく途中で脱走しなかった。。。
本を読む時間と寝る時間を少しずつ削って、やりました~。
ちなみにビリーバンドは使ってません。DVD購入したわけではないので。。

で、7日間の成果は。。。
体重は、あまり変わらなかった気がする。
ウェストは、少し締まった気がする(特に脇腹)。
上半身(胸周りと二の腕)は、明らかに締まった気がする。
腹筋は、心なしか割れたような気もする。
という感じです。(定性的ですみません)

これは、別に画期的なダイエット法ではなくて、すごくオーソドックスで、努力と忍耐が必要なダイエット方法ですね。これだけ体を動かして汗をかいて、筋肉に負荷を与え続ければ、そりゃ引き締まるよ。
筋トレと有酸素運動を同時にやっているようなものですから。
そして、7日間でやめたら多分あまり意味がない。
何ヶ月か続けたら、体質自体が変わって(基礎代謝アップで)太りにくい身体になると思います。
う~ん。今後も続けようか、どうしようか。。。

参考までに7日間の記録。
●1日目&2日目 Disc1 基本プログラム
 基本とは言っても、相当キツイ。特に1日目は、動きに慣れずついていけませんでした。2日目は慣れてきて、動けるようになり、少し楽しくなります。汗は滝のように流れて床を濡らします。
●3日目&4日目 Disc2 応用プログラム
 応用プログラムが一番きつかった!特に4日目が、それまでの筋肉痛も蓄積され、地獄のような辛さでした。このプログラムが、全身運動と腹筋や腕立てなどの局部運動のバランスがよくて、一番効果的だと思います。
●5日目&6日目 Disc3 腹筋プログラム
 Disc1と2は60分近い運動だったのが、このプログラムは30分強の時間なので、ちょっとあっさりした印象を受けます。腹筋は確かにきついけど、全身の疲れはなく、やや物足りないくらい。
●7日目 Disc4 最終プログラム
 総仕上げということで、今までの動きが次から次へと繰り出され、忙しいプログラムです。が、これも30分くらいで終わり、最後にビリーが訓示を垂れて、「ヴィクトリー!!」と叫んで終わりです。

まぁ、ビリーの動きを見たり表情を見たり、励ましを受けたり、ということでDVDを見るだけでも面白いので、ぜひ試してみては?
プロフィール

keiboor

Author:keiboor
茨城県つくば市在住の35歳・男
妻と5歳の娘、0歳の息子との4人暮らし
職業;エンジニア

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。